music scene

2002年5月30日インディーズ盤「ギンガ」リリースから今年で10周年を迎えるメレンゲ、 5月30日にワーナーミュージックジャパンより、待望の3rdオリジナル・アルバム『ミュージックシーン』のリリース。
全11曲となる収録曲は、WOWOW連続ドラマW「罪と罰 A Falsified Romance」主題歌の「まぶしい朝」。
既発売シングルで新垣結衣への提供楽曲のセルフ・カバー「うつし絵」。
盟友"GOING UNDER GROUND"とのツアー用に共作された「給水塔」セルフカバー。
印象的なシンセ・リフから始まるアルバム・タイトル曲「ミュージックシーン」。
四つ打ちトラックでメロウな「フィナーレ」。
その「フィナーレ」のラッパー、トラックメーカー"やけのはら"によるチルなミックス・ヴァージョン。 など、全11曲が収録。
今作品にはメレンゲ・ツアーのサポート・メンバーになる大村達身(ギター)と、皆川真人(ピアノ/シンセサイザー)が全面参加!

セルフレビュー

ギンガ
【ギンガ】

これ作ってもう10年になるんですね。。。あっという間ではなかったけどまだあの頃の風景は覚えてるな。とにかく普通のポップスに落とし込みたくなかったっていう反抗期みたいなもんかな。。。あの頃は生き方や音楽含めてかっこ悪いと言われるのを極端に恐れてたかも。そのせいもあってか自分で言うのもなんなんですけど全然古くないと思うんです。今ライブでやっても違和感なく歌えるなぁ。。。ああ。。
成長してないんか。。。 このアルバムによって初めましての音楽の世界でいろんな人と出会えました。それだけで泣きそうになる一枚です。特に『チーコ』と『ソト』は評価されたかなぁ。。。笑
(クボケンジ、2012/5/29)

【少女プラシーボ】

メレンゲがバンドになって初のミニアルバム。
音、ジャケット共にみんなでこだわって作った。思えばこの頃から音源の作り方はあまり変わってない気がします。
「輝く蛍の輪」でメレンゲ初のPVを作成。
真夏の長野で灼熱の太陽の下の撮影は、皆汗だくで、ぶっ倒れそうになりながらだったけど、今ではいい思い出です。
ちなみに歌詞カードは僕の手書きです。
(タケシタツヨシ、2012/5/23)

【サーチライト】

メジャーデビュー作品となったミニアルバム。プロデューサーに亀田誠治さんを迎えてのレコーディングは終始楽しく、初のメジャー作品でプロの仕事を目の当たりにできたことは僕らにとって大きな財産になったと思う。
ほとんどの曲が「いっせーの」での一発録りで録音。メレンゲの録音では珍しい録音方法で、その時のバンドの空気や勢いもパッケージされている作品になった。
(タケシタツヨシ、2012/5/23)

【初恋サンセット】

メジャー2作目となる作品なのだけれども、メレンゲ結成当初から作り溜めていた楽曲達をほぼ全て収録した。
結成からそれまでの期間のベスト盤的な作品。
(ヤマザキタケシ、2012/5/23)

【星の出来事】

それまでの作品より、バンド感よりもクボ氏の世界観を更に色濃く突き詰め出した作品だと思う。
この時期、クボ氏の表現したい事を、自分とツヨシがなかなか理解する事が難しくて、
制作時に色々と苦しんだ事を思い出す。
だけども、この作品があったからこそメレンゲのオリジナリティーというものを本気で突き詰める様になった。
自分にとっても、バンドにとっても一つの大きな分岐点になった作品だと思う。
(ヤマザキタケシ、2012/5/23)

【シンメトリー】

メレンゲが一年半の沈黙後に制作、リリースした2ndフルアルバム。
「午後の海」のクボDEMOを初めて聴いたときのワクワクは今でも忘れられない。
「また新たに始めるぞ!」という決意と喜びが詰まったアルバムになった。
ジャケットの「岩に剣を突き刺す」というアイディアはデザイナーのCENTRAL67木村さんと何年もの間「いつかやりたいね」と話していたことが4,5年の時を経て実現!
個人的に大好きなジャケットです。
(タケシタツヨシ、2012/5/23)

【アポリア】

人としても、バンドとしても様々な事を経験して来た上で感じてきた喜びや苦しみが、
等身大の音で表現されている初期衝動的ともいえる作品だと思っている。
一曲一曲の力が強くて、ライブで表現する時は、自分の全身全霊をぶつけないとこの曲達の本質は表現できないと、今でも感じる。
(ヤマザキタケシ、2012/5/23)