3「アンカーリング」


誰しもが幼き頃に読み聞いたおとぎ話のように。
眠れぬ夜に何かとおしゃべりをしていたかもしれない。
呪文をとなえ、目にみえない何かと会話をかわすヨル。
「フレディ 古い星の話聞かせて」と。

ふと気が付くと、大人になっても変わらないことを繰り返していたりする。
ただあの頃と違うのは「フレディ」を呼んでもでてこない。
前を向いた言葉も、後ろを向いた気持ちも、言い訳も
低い天井にぶつけていたりする。
結局、それは自問自答の時間。
あしたへの原動力のかけら。

Logged in as . Log out »